お酒 栄養

じっくりと味わえる黒ビール!「アサヒスタウト」口コミレビュー

  ビールの種類で「スタウト」という言葉を聞いたことがありますか? ビールが好きなら黒ビール?と思われたかもしれません。 そう! 正解です。   スタウトは、真っ黒な色合いと濃厚な味わいが特徴のビール。 イギリスなどのパブでは定番のビールで、ここ最近はコンビニやスーパーでも見かけるようになってきました。   造り方からみると、「スタウト」は上面発酵で造られたエールビールの仲間です。   ここで下面発酵のビールはラガービールという種類に分類されます。 このラガータイプの黒ビールを「シュバルツ」といいますが、日本ではこれを「スタウト」と混同している方がまだまだ多いです。   今回はこの上面発酵で造られた黒ビール、普段あまり見かけないけれど、これ抜きには日本の黒ビールを語れない「アサヒスタウト」を口コミレビューします。

アサヒスタウトとは?

[caption id="attachment_5775" align="alignnone" width="400"] 出典:アサヒビール[/caption] 「アサヒスタウト」は、今となっては知らない人はいないのでは?の「アサヒスーパードライ」を造るアサヒビール製です。 日本で唯一の本物の「スタウト」と呼べる黒ビールです。   アサヒビールに勤めている人によると、麦汁の濃度が20パーセント以上あり、味の濃さでは日本で一番とのこと。 そしてアルコール度数は8パーセント。 通常のビールは4〜5.5パーセントのものが多いので、相当高いです。   ヤッホーブルーイングの造るIPA「インドの青鬼」がアルコール度数7パーセントなので、それよりも高いんですね。 これだけ見ても、飲んだら酔うのが早そうです。   ちなみに雑学として、世界で一番アルコール度数が高いビールは、スコットランドのBrew meister社の「Snake Venom(スネーク ヴェノム)」。 そのアルコール度数は、なんと67.5%。 スピリッツよりも高いアルコールなので、どんなビールか想像もできません。 さて肝心の「アサヒスタウトビール」の味わいですが。 まず見た目が濃い焦げ茶色、というよりも黒に近いでしょうか。 泡も茶色。 とにかくグラスの向こうが見えないくらいの色の濃さ。 香りはトーストした焦げた麦の香り。 カラメルを焦がしたような甘い感じもあります。 ひと口飲んでみると、麦の甘さを感じます。 そのあと、コーヒーのような苦味が出てきますね。   アルコール度数が8パーセントあるので、飲みごたえがあり濃厚な味わいです。 思ったほど苦味は強くないので、ご安心ください?

アサヒスタウトの飲み方は?

「アサヒスタウト」、キンキンに冷やして喉ごしを楽しむタイプのビールではありません。 ひと口をじっくりと味わいながら、のんびりと飲んで楽しむビールです。 なので、飲み頃の温度は普段よりも高めの12〜16℃前後が良いです。   冷蔵庫で冷やしてから、出したばかりだとまだまだ冷たいです。 少し時間をおいて温度が上がるまで待ってみてください。 ビールは、口径の広いグラスに注ぎましょう。

アサヒスタウトの歴史

「アサヒスタウト」の歴史は長く、第二次世界大戦前からありました。 昭和10年4月 アサヒスタウト発売。 第二次世界大戦中一時中断し、終戦後再開。 昭和25年 アサヒビールはいち早く黒ビールの製造を再開。 昭和26年 スタウトの製造再開を企画、吹田工場において、製造研究開始。 昭和27年4月 製造を開始し、6月より発売、社内外から絶大な好評を博しました。 (以上、アサヒビールHPより引用)   現在は小瓶のみの製造されていて、醸造は大阪の吹田工場でのみ行われています。  

アサヒスタウトを販売しているのはどこ?

「アサヒスタウト」はスーパーやコンビニ、町の酒屋さんではあまり見かけないかもしれません。 何しろ年に1回の仕込みなので、数量もそれほど多くありません。   AmazonやYahoo!ショッピング、ビール専門の通販で扱っているお店では、結構扱いがあるようです。

アサヒスタウトの価格

「アサヒスタウト」の価格を調べてみました。 (全て税込価格) ポンパレモール内に出典している酒のドラゴンでは214円 Yahoo!ショッピング内のリカー問屋マキノでは220円 総合通販プレモアというサイトでは、248円 ベルギービールジャパンでは、302円   ちなみに当店では取り寄せとなりますが、扱い可能です。 価格は、220円です。

まとめ

「アサヒスタウト」の詳しいデータなど: 原材料 麦芽、ホップ、糖類 成分(100ml当たり) アルコール分(度数)8% エネルギー 74kcal たんぱく質 0.4~0.8g 脂質 0g 糖質 6.5g 食物繊維 0~0.5g ナトリウム 0~8mg プリン体 13.5mg 賞味期間12ヶ月   はじめずポイント: 今回ご紹介した「アサヒスタウト」は、アサヒビールの吹田工場でのみ作られています。 吹田工場では、工場見学をしているのでどんなふうにビールが作られるのか?が理解できますよ。 見学の最後には、ビールの試飲ができます。 アサヒスーパードライや、アサヒスーパードライ ドライブラックなどのビールが20分間以内でタンブラーで3杯まで楽しめます。   工場見学のあとは、ギフトショップへゴー! というのは、ここでしか買えないものがあるからです。 その一つが「アサヒスタウト」。   ぜひ購入されてみてください。 [caption id="attachment_5910" align="alignnone" width="350"] 出典:アサヒビール[/caption] アサヒビール吹田工場詳細: 電話 06-6388-1943 電話受付時間 9:00〜17:00(休業日を除く) 住 所:大阪府吹田市西の庄町1-45 参加費:無料(予約制) 見学スタート時間:9:30~15:00(最終) 詳しくはこちらを! ↓ アサヒ吹田工場]]>

-お酒, 栄養

© 2021 ビール好き Powered by AFFINGER5