お酒 栄養

カレーライスに合う!「YOKOHAMA XPA」口コミレビュー

暑くなってくると、無性にカレーライスが食べたくなりませんか? そのとき一緒に飲みたいのは、パンチのある苦みがきいたビール。   ビールを普段あまり飲まない、飲むけれど苦いのは苦手、という人もいるかもしれませんね。 逆にビールはもうだいぶ飲んできて、サラッと飲めるものよりも個性のあるのが好きなんだ、という人もいるでしょう。   ここで、どちらのタイプの人たちにもオススメしたいビールがあります。 インディアンペールエール(略してIPA、アイ・ピー・エー)というビールのスタイルがありますが、その中でホップをさらに使い、苦味や香りを強めたインペリアルIPA、略してIIPAまたはXIPAと呼ばれる種類のビールがあります。   その中のひとつ、国産地ビールメーカーのサンクトガーレンが造る「YOKOHAMA XPA」(ヨコハマ XPA)というビールです。 今回は、この「YOKOHAMA XPA」を口コミレビューします。

IPAとは?

ここでもう一度、IPA(インディアンペールエール)とはなにか?を説明しておきますね。   このIPA、普段はほとんど見かけないビールかもしれません。 たまに百貨店や高級スーパー、あるいは身近なところでローソンなどのコンビニで見かけるぐらいかも。   IPAで知られているのは、やはり日本のヤッホーブルーイングの造る「インドの青鬼」でしょうか。   まず、ビールの醸造方法は三種類あります。 ひとつが上面発酵 もうひとつが下面発酵 最後に自然発酵 です。   この中で発酵する温度が常温(15℃~24℃で発酵)で短時間に発酵してできるのが上面発酵のビールで、エールと呼ばれる種類。   エールは主に大麦麦芽を使いますが、硬度の高い水と淡い色の大麦麦芽を醸造に使ったのが、ペールエールです。 アルコール度数は3%~10%を超えるものまで様々にあり、ホップが多くて苦みが強く、酸味もあり、ピルスナーよりも濃い色あいが特徴です。   さて、ペールエールはイギリスが発祥の地。 パブなどでは定番のビールになっています。   歴史もある造り方なので、たくさんの種類があります。 1原点のイングリッシュ・ペールエール 今からなんと400年以上も前に考案されたスタイルで、フルーティな香りが良く出ていて、苦目のものが多いです。 有名なのは、バスの「ペールエール」   2日本でも人気のアメリカン・ペールエール 発祥はアメリカの西海岸。 イングリッシュ・ペールエールにはない独特の個性があり、北米産のホップを苦味付けの段階から使用するので、繊細な苦味と香りを持っています。 はじけるような口当たりが魅力的なビール。 有名なのは、ヤッホーブルーイング「よなよなエール」   3ビール好きならインディアンペールエール そして大トリ。 ホップの香りと風味が強く、強烈な苦味をもったペールエールのタイプです。 アルコール度数も高めです。 ビールが苦手な人は苦すぎて飲めないよ、というかもしれません。 しかし、それが一番の魅力のビール 、インパクトのある味わいのとりこになると、抜け出せなくなるビールのうまさを再発見できるのがこのタイプです。  

「YOKOHAMA XPA」がオススメの理由

さて「YOKOHAMA XPA」というビール 、通常のIPAよりもさらに多くのホップを使い強烈な味わいに仕上げたIIPA(インペリアルIPA)というタイプのビールです。 IIPA、あるいはダブルIPA(DIPA,WIPA)といった表記で書かれる事も。   ちなみに、インペリアル( imperial)は皇帝の意味で、強いビールという意味を込めてつけられたとか。   なんだかすごくマニアックな話でしたが、それだけビールの歴史や種類は多いということなのです。 日本で作られてるのは、なんとその99%がピルスナーと呼ばれるタイプ。 ピルスナーの特徴は、薄い黄金色 スッキリ辛口で、ごくごく飲めるビール アルコール度数は3〜5%程度 3~7℃くらいが適温   これはこれでありですが、それだけで終わるのは正直もったいない! 下のチャートを見ると、信じられないくらいにビールの種類があるのが分かります。 そこで、この「YOKOHAMA XPA」をオススメするというわけです。 インディアン・ペールエール、苦くてアルコール度数が高いのが最大の特徴ですが、「YOKOHAMA XPA」はとにかく味わいのバランスが絶妙。   アルコール度数は6%とインディアン・ペールエールとしてはそれほど高くなく、コク、香り、苦味のバランスが最高なので、最後まで口に広がる苦味が心地良いのです。  

「YOKOHAMA XPA」に合わせるならカレーライスがオススメ

この「YOKOHAMA XPA」に合う料理は?と考えてみました。   合わせるのはみんな大好き、夏の定番メニュー「カレーライス」が合うのではないでしょうか。 カレールーに含まれるいろいろなスパイスが苦味の強いこのビールと好相性。 スパイシーなカレーと苦味があいまって、食が進む、進む。   お酒を飲むならやっぱり食事がおいしくならないとね、と考えている私にはまさにこれ!の組み合わせでした。  

「YOKOHAMA XPA」のオススメの飲み方は?

飲み頃の温度は、12〜14℃。 冷蔵庫から出して15分後程度で飲んでみてください。 常温より少しだけ冷たい程度の温度だと、苦味や旨み、味わい深さを感じることができますが、冷やしすぎると苦味だけが強調されておいしくありません。   あとはできれば、IPA専用のグラスを使うとモアベターです。 ドイツの名門グラスブランド【シュピゲラウ】のIPA用のグラスがオススメ。 グラスの真ん中がふくらんでいて、飲み口が少しすぼまっています。   飲むたびに鼻がグラスの中に入るので、ホップの香りがそのたびに楽しめますよ。  

まとめ

「YOKOHAMA XPA」の詳しいデータなど: 【アルコール度数】 6 % 【賞受賞】インターナショナル・ビアコンペティション2009銀賞, インターナショナル・ビアコンペティション2010 アメリカン・インディア・ペールエー部門銅賞(ボトル/缶部門) 【ブランド】 サンクトガーレン 【容器の種類】瓶 【原産国名】 日本 【原材料・成分】麦芽・麦・ホップ・酵母 【保存方法】要冷蔵 【産地(都道府県)】神奈川県 【味わい】豊かなコクと鮮烈な苦み 【内容量】 330ml 【賞味期限】 90日(要冷蔵) 【スタイル】 アメリカンインディアペールエール 【使用麦芽】 ペールエールモルト、カラピルス、クリスタル40°L 【使用ホップ】カスケード、パール 【IBU】48 【初期比重】1.058 【SRM 】12.0 はじめずポイント: インディアン・ペールエールはとにかく苦い、とばかり思っていましたが、これはその苦味を感じさせないのがすごい、と思います。   サンクトガーレンという元祖地ビール屋、ホームページからも取り組む姿勢がビシビシ伝わってきて、大好きなビール醸造所です。 ↓ サンクトガーレン  ]]>

-お酒, 栄養

© 2021 ビール好き Powered by AFFINGER5