お酒 栄養

ビールのカロリーってどれくらいあるの?

仕事が終わって飲むキンキンに冷えたビール、格別ですよね。 これがあるからまた明日頑張れるんだよ。 健康のことは気になるけれど、やはり飲むのさ。   お酒が好きな人は、この一杯のために生きているは大げさとしても、活力の源 になっているのではないでしょうか。   とはいえ、何事も度を過ぎると良くないのは事実。 そこで今回は、大好きなビールがどれくらいのカロリーがあるのか? また、どんなことに気をつけて飲むといつまでも楽しく飲めるのか? を考えてみます。  

お酒のカロリーは太るの?

そもそもお酒を飲むと太るのか?という疑問があると思います。 結論からいうと、お酒だけでは太りません。   いろいろなお酒のカロリーをまとめてみます。 (全て100グラムあたりのカロリー) 1ビール  40kcal  アルコール度数 4〜5% 2日本酒  103kcal          15〜16% 3焼酎   146kcal          25% 4赤ワイン 73kcal 10〜11% 5白ワイン 73kcal 10 〜11% 6ウィスキー 237kcal 40% これを比較するとビールのカロリーが一番低いです。 日本酒が約2.5倍ほど高くなっています。 アルコール度数が高いとカロリーは高くなるのがわかります。 ※参考までに主な食品に含まれる成分のカロリーは? 糖質(1g):4Kcal たんぱく質(1g):4Kcal 脂質(1g):9Kcal アルコール(1g):7Kcal   なんとアルコールは脂質の次にカロリーが高いのがわかります。 ビールに含まれるカロリーの元となる栄養素は、糖質とアルコールのみ。 ビール1缶(350ml)として比較するとどうでしょう。 ビール1缶:140Kcal ワイン1杯(80ml):58Kcal 日本酒1合(180g):196Kcal 焼酎1カップ(200g):220Kcal 先ほどビールのカロリーがお酒の中で一番低いとお伝えしましたが、1回に飲む量から考えると他のお酒より多く飲む傾向があります。 なので普段何杯も飲む人だと、他のお酒を飲むよりカロリーは高くなります。 ビールはそのまま飲むもの、水のようにたくさん飲む人もいます。 他のお酒はロックやストレートで少しずつ、または水割りやサワー、炭酸で割ってなどして飲むものが多いですね。   さらにビールのカロリーをサイズごと見てみると。 ビール1缶(350ml):140Kcal ビール中ジョッキ1杯(500ml):200Kcal ビール大ジョッキ1杯(700ml):280Kcal ビール大瓶633ml 252Kcal ジョッキの種類によって容量は違いますが、居酒屋などで出される中ジョッキは約500ml、大ジョッキは約700mlくらいのサイズです。 ですので、量をたくさん飲むとやはりカロリーは多くとることになります。   参考までに発泡酒と糖質オフビール1缶(350ml)あたりのカロリーとの比較は? 通常ビール1缶:140Kcal 発泡酒1缶:160Kcal 糖質オフビール1缶:95Kcal ※糖質オフビール:糖質0、アルコール度数4% 発泡酒は通常のビールよりも糖質が多く、糖質オフは糖質分のカロリーは抑えられます。  

その他のお酒1杯分とのカロリー比較

アルコールは飲む量が増えればその分、カロリーも増えます。 さて、居酒屋さんなどでビール以外にもオーダーして飲むことがありますが、一杯分のおおよそのカロリーも比較してみましょう。 (あくまで参考数値で、1杯分の量やカロリーはお店によって異なります) 生ビール(中ジョッキ1杯):145kcal ワイン(ワイングラス1杯):90kcal ウイスキー(シングル):75kcal ハイボール:70Kcal 日本酒(1合):200kcal 焼酎ロック:70kcal ウーロンハイ:95lcal 生レモンサワー:110kcal 梅酒ロック:95kcal ジントニック:120kcal カシスオレンジ:125kcal シャンディーガフ:150kcal マッコリ:90kcal ビールはやはり1杯分でみてもカロリーは高いですね。 量を飲みたいときは、ハイボールや焼酎のロックが良いでしょう。  

ビールとご飯の栄養素

ご飯一膳(140g)で235Kcal。 ちなみに子供茶碗一膳100g1で、68Kcalです。 先ほどビール1缶(350ml):140Kcalだったのでご飯一膳分よりカロリーは低い!のが分かります。 ビールの主な栄養成分 (原料:麦芽・ホップの場合) ・ビタミンB6、 ・ビタミンB12 ・ナイアシン ・葉酸       など ビールの栄養効果は、血液の循環を良くし、整腸作用や食欲増進、利尿作用など、 身体にいいです。 ご飯の主な栄養成分 ・炭水化物 ・銅 ・マンガン ・亜鉛 ・タンパク質    など   ご飯には、塩分やコレステロールが含まれていません。 高血圧や心臓病、糖尿病などの生活習慣病予防にもいいのです。 また、炭水化物に含まれる糖質が脳が活発に機能するために必要な栄養素です。  

ビールに合わせるオススメのおつまみは?

ビールは単体では太りやすい飲み物ではないことが理解できたかと思います。 ただ、炭酸がきいていてどうしても飲み過ぎてしまいます。 また合わせるおつまみもカロリーが高い、唐揚げ・フライ・天ぷら、焼肉などが多く、実際よく合うんです。 結果、食べ過ぎ・飲みすぎでカロリーを多くとることに。   ですので合わせるおつまみを選ぶのがポイント。 どうしても揚げ物が食べたい時は、唐揚げなら一つ、串揚げなら1本、と決めてゆっくりと楽しみ、あとはヘルシーなお刺身や焼き魚・野菜の煮物などを選んでみてください。 冷ややっこや枝豆、など低カロリーのものがオススメです。 また、漬物も良いですよ。 漬物は野菜の食物繊維やビタミン・ミネラルをミネラルを摂ることができて栄養のバランスが取れます。  

まとめ

ビールに限らず、良く言われていることですが飲み過ぎ・食べ過ぎは禁物。 腹八分目が理想です。 ちなみに、ビール350ml缶1本分のカロリーを消費するのに ウォーキング約60分 ジョギング約30分 自転車約20分 掃除機掛け約50分 の運動量が必要だとか。   おいしくいつまでもお酒を楽しむためには飲む量、合わせるおつまみ、そして運動。 それと! ぜひ週2〜3回の休肝日をもうけましょう!]]>

-お酒, 栄養

© 2021 ビール好き Powered by AFFINGER5