お酒 栄養

オーストラリアビールなら!「VB(ヴィービー)(vb)」口コミレビュー

突然ですが、オーストラリアと聞いて何を連想しますか? かわいいコアラ? 夏場にサンタクロース? オージービーフ? どれも正解ですが、もう一つあるのを忘れています。 それは、ビール。   ビールはオーストラリアでもっとも飲まれているアルコール飲料。 キリンビールの調査によると、国民一人当たりのビール消費量が世界第5位に名を連ねています。 年間100リットルを超える量を消費しています。 (「キリンビール大学」レポート 2015年 世界主要国のビール消費量より)   そんなオーストラリアでビールといえばこれ!なブランド。 それがVB(vb)(ヴィービー)。 ちなみにVB(vb)はビクトリアビターの略です。   今回はキリッとした飲み口が特徴のVB(vb)(ヴィービー)を口コミレビューします。  

VB(vb)に合わせるならナチョスがオススメ

もしこのVB(vb)(ヴィービー)を買って飲んでみようかな?と考えていたら。 合わせるのは、メキシコ料理の定番のナチョスがオススメです。   オーストラリアでは、正直ビールを飲むとき、特にパブなどで飲むときは何も食べないで飲むのが基本。 しかしここは日本なので、やはり何かお供になるおつまみがほしいところ。 そこでこのナチョスを合わせてみては?と考えました。   このナチョス、なじみのない方もいるかと思います。 ナチョスとは何か?調べました。
ナチョス(Nachos)は、通例溶かしたチーズをかけたトルティーヤ・チップスをベースとするテクス・メクス料理を指す。単数形のナチョ(またはナーチョ)とも呼ばれる。 一般的なトッピングの例としては、牛肉や鶏肉の挽肉、チリコンカーン、ハラペーニョのスライス、フリホレス・レフリトス、サルサ、ワカモレ、サワークリームなどがある。 また、まれにチーズを使用せずに作ることもある。
出典:https://ja.wikipedia.org   簡単にいうと、トルティーヤの上にチリコンカーン、トマト、レタス、チーズなどをのせて食べる料理。 日本だと、沖縄のタコライスが似た感じの料理でしょうか。 このチリコンカーンがおいしいんですよね。 ご飯にかけても良いし、トルティーヤにディップのようにつけて食べても良いし。   と話がずれましたが、ナチョスを食べてからこのVB(vb)(ヴィービー)を飲む。 甘辛くてちょっとピリッとした味わいのナチョスに、さっぱりとした味わいのVB(vb)がとても良いパートナーに。 口のなかがさっぱりしてまた食べたくなる、ある意味危険なビールです。  

VB(vb)のオススメの飲み方は?

VB(vb)(ヴィービー)のオススメの飲み方、冷やして飲むのがオススメ。 温度としては、6〜8℃が目安。 飲み方としては、グラスが基本ですがオーストラリア気分を味わうなら瓶から直接飲むのもあり。   オーストラリアは瓶が主流。 大きな瓶は750mlサイズで「Long neck(ロングネック)」、小さい瓶は375mlサイズで「Stubby(スタビー)」と呼ばれます。 このスタビーの栓を抜いて直接ゴクゴクっと飲む。 オージーになった気分で最高です。 普通に良く冷やしたグラスに注いで飲むのも、また良いですね。   実際に飲んでみると。 色合いはちょっと濃いめの黄金色。 香りはほんのりと甘みのある感じと焦がした麦の香りもします。   ひと口飲むと、とても飲みやすい。 スーッとしみこんでいくスムースさ。 クセがなくキリッっとした飲み口。 最後にほんのりと甘みも感じます。   嫌味がない味わいなので、飲みすぎてしまうかも!  

VB(vb)がオススメの理由

オススメの理由: オーストラリアでビールといえば、このVB(vb)(ヴィービー)だから。 日本ではこのVB(vb)を販売しているところは正直多くありませんが、地元オーストラリアでは知らない人が以内くらいの超有名でメジャーなビール。   オーストラリアにある酒屋、Bottle Shop(ボトルショップ)といい、街中に多数のボトルショップがあります。 そこでは当然、このVB(vb)が置いてある、ないところはないほどのビールです。 そしてなんといっても飲みやすい。   ある意味、水のようにガブガブ飲めるかも?なしつこくないキリッとした味わいのビールだから。 そんな理由でどんな料理にも合わせられる、ジャマをしない味が魅力です。  

VB(vb)はオーストラリアメルボルンにあるカールトンアンドユナイテットブルワリーズで

VB(vb)(ヴィービー)はメルボルンはアボッツフォードというところにある巨大な醸造所、カートンアンドユナイテットブルワリーズで造られています。 通称CUB(シーユービー)とも呼ばれるフォスターズグループ傘下の醸造所。   ビクトリアビターの名前の由来は、1890年代にビクトリア州のビクトリア・ブルワリー(Victoria Brewery)とよばれる醸造所で醸造されたのが始まりです。   現在では、出荷量がオーストラリア国内の3分の1ほどを占めているビールです。  

まとめ

VB(vb)(ヴィービー)の詳しいデータなど: 【内容】ビール 【内容量・重量】375ml 【サイズ】ボトル高さ約17cm 【度数】4.9度 【生産国】オーストラリア/カールトン アンド ユナイテッド ブルワリーズ 【輸入元】日本ビール   はじめずポイント: 結婚前にワイン学校主催で西オーストラリアにワインの研修旅行に行ったことがあり、その時に参加者同士で地元のボトルショップに行き、このVB(vb)とクラウンラガーを買いました。 仲間と一緒に飲むビールやワインがおいしく、夜遅くまで飲んでいた、そんな若い頃の思い出のビールでもあります。 また西オーストラリア、特にパースに行きたいです。]]>

-お酒, 栄養

© 2021 ビール好き Powered by AFFINGER5